オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ペン入れ

漫画家のなり方

専門学校生

最近では漫画は子供だけのものではなく大人も読むようになってきました。
昔は漫画と言えば子供が読むものと思われていましたが、今では大人の文化でもあります。
また漫画文化は世界にも広がり日本の漫画が世界中で翻訳をされて楽しまれています。
そのような漫画を描く職業と言えば漫画家ですが、このようなブームもあり漫画家になりたいと言う人も増えています。

一般的に漫画家になるためには漫画雑誌が主催する賞に応募してそこで何かしらの賞を獲得したり、また直接漫画雑誌の編集部に持ちこんで認められる事によって漫画家としてデビューすることができます。
しかし、そこに行くまでは個人の力で漫画の勉強をしなければいけません。

例えば専門学校や通信教育で漫画を学ぶなどの必要があるのです。
もちろん独学でする人もいますが、専門学校や通信教育で基本から学んだ方が確実と言えます。

専門学校の場合には漫画学科のような漫画を専門で学ぶことができる学校もあるので、そのような学校に行けば漫画の基本からしっかりと学ぶ事ができます。
それと同時にまわりは漫画家を目指すものばかりとなるので、ライバルが常にそばにいるため張り合いが出てしっかりと学ぶことができます。
通信教育の場合には、自宅での学習が基本となりますが、絵のデッサンを添削してもらえたりとしっかりと基本から学べる体制が整っています。
漫画を学びたい人は、予算や時間にあわせて専門学校や通信教育で学ぶと良いでしょう。

漫画家とは

美容専門学校

漫画家とは、漫画作品を作ることを仕事にしている人のことです。
専門学校や通信教育を利用して漫画家としての知識や腕を高めてから連載を開始するという流れが一般的です。
複雑な長編漫画の場合一人では負担が大きいので本編の話を考える人や色をつける人、プロットの作成やペン入れを行う人などのアシスタントを雇って、作業を分担して漫画を作ることもあります。
日本には漫画家になりたいという人のための専門学校がいくつか存在しており、いずれも素晴らしい漫画家を生み出しています。
また専門学校に通うのが難しいという人のために通信教育を行っている専門学校もあり、通信教育においても数々の漫画家が生み出されています。
通信教育は専門学校と違い非常に多くの種類があり、DVDや画材セットなどが付属している講座もあります。

この二つのうちどちらを利用するかは人それぞれですので、しっかりと自分に合っているか見極めて利用する必要があります。
漫画家になるためには漫画雑誌の出版社に直接原稿を持ち込むというだけでなく同人作家としての道もあります。
自身の作品を同人作品として出す場合は通常の連載と違い自分の好きなように作品をかけるため、あえて同人作家のままでいるという人も多いです。
同人作家は雑誌等で連載している人と比べると収入の安定はしませんが、一度人気が出ると人が集まりやすいというメリットがあります。
人気があった場合は雑誌等からスカウトされることもあります。

漫画家について
近年では子供の頃から漫画家を目指す人が多くなってきています。
日本では漫画を読む子供が多くなってきていて、外国でも売られていることもあり注目している人は多くなってきています。
他にもアニメを見る人も多く、日本の文化としていま色々な国の人が関心を寄せています。
また本格的に漫画家になりたいという人は、高校卒業と共に専門学校や通信教育を受ける人が増えています。
専門学校では実際に漫画家として携わった人や、アシスタントとして活躍した人などを講師として向かい入れた授業を受けることができる学校があります。
通信教育では自分が描いた漫画の評価を事細かく指摘してくれたりしてくれます。
しかし専門学校と通信教育では入学金などの費用が大きく異なってきます。
通信教育の方がお安くなっている場合が多く、そちらを受ける人は増えています。

そういった学校を卒業するとすぐに都会へ上京してアシスタントをし始める人もいます。
そこからコンクールに応募し、漫画家になった人もいます。
学校在学中に応募した漫画が賞をとり、そのままデビューをする人などさまざまです。
専門学校でも通信教育でも基本はずっと漫画を描くということになるので、自分の画力が上達することで早くデビューできたり、できなかったりする場合があります。
なので日頃から漫画を描き続けることが大切となってきます。
毎日描くことで絵は上達していくので、普段から描いていくことが基礎として大切なことです。